JIN 神永慎二郎さん 作例⑦【美しき雪の世界  雪で創作写真を撮影する】

JIN 神永慎二郎さん 作例⑦【美しき雪の世界  雪で創作写真を撮影する】

SS 1/640 f/1.2 ISO160 カメラボディ Nikon Z 9 レンズ NIKKOR Z 85mm f/1.2S(クリックで拡大)

撮影のポイント


創作写真を撮影しました。

私がチームを作っているアトリエベアトリーチェ、その他メンバーとの創作プラットフォーム「TheCreatorSOL」での撮影です。

今回の撮影は全国各地のロケーションにてファンタジー要素を入れた物語シルヴァヌスの月のワンシーンを撮影しています。

今回は雪の撮影です。

「しんしんと降り積もる雪のなか、ひっそりと佇むその者は、こちらの気配に気がつき振り向く。

 しかし、その表情はどことなく儚げで寂しさを漂わせる。」



創作写真撮影風景


ここが良いと思う場所を見つけるのが非常に難しいのが創作写真の大変なところです。

特に雪深い北海道では、周りの景色もさることながら、良いと思った撮影ポイントまで雪が深すぎて行けないことが多い。

しかし、今回はイメージしているシーンを道路脇で見つけることができました。



詳細な撮影位置関係

20240108解説図JINBEI2.jpg


今回は通常の撮影とは違い、背景をアンダー気味に撮影します。
JINBEI HD-200PROを2台使い、光量を上げて撮影しました。アンブレラにデュフューザーをつけて光を柔らかくしつつ、力強くあてています。

ストロボは、ほぼ90°の位置に配置します。雪では様々な方向に光が拡散するので、一番見せたいところに光を当てていきます。真横に置くことによって、振り向き様のシーンでの陰影を出すようにセッティングしました。杖からの影が顔に出ない位置も重要です。

また、背景に木を入れることによって遠近感を出しています。

雪が降っているシーンなので、モデルに雪が積もるので手早く撮影しなければなりません。


ロケーション撮影は、スタジオ撮影と違って時間をかけて撮影できません。セッティングも撮影時間も短く行わないとなりません。また、車からそばの撮影ばかりではなく、長距離歩いて行く場合もあります。その点、軽いストロボは機動力に優れていて、効力を十分に発揮してくれます。


撮影最後に、ファンタジー作品に合うようにレタッチを進めて仕上げを行いました。




今回の撮影で使用した商品

JINBEI

バッテリーモノライト HD-200PRO

2ヘッドスタンドアダプター



・カメラマン JIN (JINさんXアカウント@dpsjin )
・モデル 柏木智美 (柏木智美さんXアカウント@tomomi_rea )
・創作撮影 TheCreatorSOL (創作撮影 TheCreatorSOL Xアカウント)
・アクセサリー アトリエベアトリーチェ多瑠
 (アトリエベアトリーチェ多瑠さんXアカウント@dJD5CsIj68YCleW )
・ヘアメイク elly (ellyさんXアカウント@matty0726 )
・アシスタント Ikeda (IkedaさんXアカウント@hirorororo_15 )
・撮影ロケーション 北海道

<< 作例① 【壁立ち撮影】
<< 作例② 【光の差し込むシーン】
<< 作例③ 【綺麗な景色を利用する】
<< 作例④ 【ススキ撮影の極意】
<< 作例⑤ 【SKY 夕焼けでのライティング】
<< 作例⑥ 【優しさ 雪の撮影でモデルを引き立たせる】
>>作例⑧【Impact 雪の中で創作写真を撮影する】
>>作例⑨【やすらぎ 雰囲気のある喫茶店やスタジオでの撮影】