JIN 神永慎二郎さん 作例⑥【優しさ 雪の撮影でモデルを引き立たせる】

JIN 神永慎二郎さん 作例⑥ 【優しさ  雪の撮影でモデルを引き立たせる】

SS 1/800 f/1.2 ISO100 カメラボディ Nikon Z 9 レンズ NIKKOR Z 85mm f/1.2S(クリックで拡大)

撮影のポイント

ポートレートで大切にしていることは、その場の雰囲気を落とさない工夫です。
綺麗な雪に見えないと、せっかくの素敵なシーンが台無しになってしまいます。
そこで今回、JINBEI HD-200PROを使いレタッチだけに頼らない自然なポートレートを撮影しました。

logo2024JINBEI_hokkaido-2.jpg

(クリックで拡大)
雪の反射のレフ効果で自然光だけでも顔に光が回るシーンですが、そのまま撮影してしまうと雪の明るさに負けて人肌がアンダーに撮影されてしまいます。
そこで優しく光を入れて撮影をしました。少しの光を入れる撮影は、モニターをよく確認しながら撮影しないと違いがわかりません。
また必要なところを見極めてストロボの角度を調整しましょう。

詳細な撮影位置関係

20231211解説図JINBEI6.jpg


雪のシーンでもコントラストを落とすことなく撮影するには、ストロボが有効です。
しかし、強く入れてバランスを取ってしまうと、せっかくの雪の背景が暗くなってしまいます。
しっかりとモデルを引き立てつつ、雪でもアンダーにならないように少し露出が高めに設定して撮影しています。


太陽が出ていない曇りの日は絶好の雪撮影日和なので、ぜひチャレンジしてみてください。



今回の撮影で使用した商品

JINBEI

バッテリーモノライト HD-200PRO

2ヘッドスタンドアダプター



・カメラマン JIN (JINさんXアカウント@dpsjin )
・モデル yurie (yurieさんXアカウント@yurielel3 )
・アシスタント Ikeda (IkedaさんXアカウント@hirorororo_15 )
・撮影ロケーション 北海道

<< 作例① 【壁立ち撮影】
<< 作例② 【光の差し込むシーン】
<< 作例③ 【綺麗な景色を利用する】
<< 作例④ 【ススキ撮影の極意】
<< 作例⑤ 【SKY 夕焼けでのライティング】
>>作例⑦【美しき雪の世界  雪で創作写真を撮影する】
>>作例⑧【Impact 雪の中で創作写真を撮影する】
>>作例⑨【やすらぎ 雰囲気のある喫茶店やスタジオでの撮影】